会津SLF協議会について(設立目的・背景)

設立の目的

福島県及び会津地域自治体の協力の下、会津大学・会津大学発ベンチャー企業及び福島県内のICT関連企業が相互に連携して即戦力となる人材を育成し、人的基盤の確立による地域ICT企業の競争力強化を図り、成長産業である「ICT関連産業」の基幹産業への転換と会津地域の経済・雇用の活性化を目的としています。

設立の背景

会津地域の基幹産業である半導体関連産業は、世界的な業界再編に伴う生産ラインの縮小により地域の経済・雇用情勢に厳しい影響を与えています。一方、ICT産業では、クラウド技術の向上、スマートフォンの登場により、これまでの既成概念にとらわれない新たなサービスの提供とアプリケーション開発への要求が日々増大しています。

会津大学周辺には大学発ベンチャーが立地し、売上高は会津若松市内の酒造業における年間出荷額を上回っており、地域におけるICT関連産業は地域経済を支える力となりつつあります。

こうした状況下において、福島県・会津大学・ICT関連企業群が連携し、成長産業からの受注に対応できる人材の育成・ICT技術者「群」の創出は、会津地域における雇用創出・地域企業の競争力強化、地域産業の活性化を図る上で大きな役割を果たすと考えられます。

会津SLF(Aizu Software Linkage Firm)とは

SLFとはソフトウェア(Software)・リンケージ(Linkage)・ファーム(Firm)の頭文字をとった言葉で、
S=コンピュータのソフトウェア等の開発について
L=会津大学と大学発ベンチャーや県内ICT企業が連携・連鎖し
F=ビジネスベースで活躍できる人材を育成することにより、
ICT産業の振興を図り、会津地域を始めとする県内経済の活性化を目的としたプロジェクトの総称です。
*Linkage=連鎖
*Firm=社会、商会